Blog&column
ブログ・コラム

フルハーネス着用の義務化について詳しく解説

query_builder 2022/05/28
コラム
16
高所作業をする場合は、万が一の落下事故に備えてハーネスを着用します。
少し前までは、胴ベルトのみの着用が一般的でしたが、落下事故による死亡事故を未然に防ぐために、フルハーネスの着用が義務化されました。
今回は、フルハーネス着用の義務化について解説いたします。

▼フルハーネス着用が義務化されたのはなぜ
これまで使用されていた胴ベルトのみでは、落下した際に身体が折れ曲がった「くの字姿勢」となったり、逆さ吊りになったりする危険性がありました。
そのため、肩や胸から太もも部分まで広く支える「フルハーネス」の着用が求められたのです。
フルハーネスを着用していれば宙吊りになっても頭が上の姿勢を保つことができますが、フルハーネスであればどの製品でもいいわけではありません。
着用の義務化に伴い、墜落防止用器具の構造規格も新しく定められているので、必ず「新規格」に適合したものを用意しましょう。

▼フルハーネスの着用が必要な現場
基本的には、高さ2m以上の高所で作業する場合は、フルハーネスの着用が求められます。
落下時に地面に到達するようであれば、高さ6.75m以下の場合に限り胴ベルトの着用が認められています。

▼まとめ
死亡事故を無くすために、フルハーネス着用が義務化されています。
高所作業を行う際は必ず新規定のフルハーネスを着用するようにしましょう。
有限会社小堀組では、大阪周辺で鳶職に携わりたい方を募集しております。
熱意さえあれば経験の有無は問いません。
しっかりと指導する環境も整えておりますので、ご興味がおありの方はぜひご応募ください。

NEW

  • 有限会社 小堀組の新入社員募集中です

    query_builder 2022/04/11
  • 橋梁工事の手順について

    query_builder 2022/12/01
  • 橋梁工事とはどんな工事?

    query_builder 2022/11/15
  • 橋梁建設で使われる足場の種類について

    query_builder 2022/11/01
  • 学歴不問の仕事には何がある?

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE