Blog&column
ブログ・コラム

フルハーネスの正しい着用方法

query_builder 2022/06/01
コラム
17
現場での事故を防止する為に、高所で作業を行う際はフルハーネスの着用が義務付けられています。
フルハーネスは、胴体部分のみでなく太もも部分までベルトで支える形ですが、どのように着用すればよいのでしょうか。
今回は、フルハーネスの正しい着用方法をご紹介いたします。

▼フルハーネスの着用方法
下記のような手順で、フルハーネスを着用します。

①ハーネス全体の破損がないか、ベルトにねじれがないかチャックする
②上着を着るように、肩ベルトの部分を後ろから肩にかける
③肩ベルトを調節して、でん部のベルトがお尻のすぐ下になるように調節する
④左右のベルトの長さが同じになるように調節する
⑤足用のベルトを股に通してバックルを留める
⑥胸ベルトが、みぞおちから指3本分上の位置に来るように調節する
⑦腰の部分のバックルを留める

装着が完了したら、改めてベルトのねじれがないか、きつすぎる部分はないか、左右で歪んでいないか、全体的にチェックします。
Dリングは肩甲骨の間に来るようにし、胸のベルトと肩ベルトが垂直になるように調節します。

▼まとめ
万が一の落下事故に正しく墜落制止機能が働くように、フルハーネスは正しく着用するようにしましょう。
性能を発揮させるためには、定期的なメンテナンスも大切です。
フルハーネスの正しい着用と共に、定期的なメンテナンスも実践しましょう。

有限会社小堀組では、足場工事や鉄骨工事など、様々な鳶工事に携わっており、一緒に働く仲間を募集しております。
しっかりと指導する環境を整えておりますので、熱意さえあれば経験の有無は問いません。
鳶職にご興味がおありの方は、是非ご応募ください。

NEW

  • 有限会社 小堀組の新入社員募集中です

    query_builder 2022/04/11
  • 橋梁工事の手順について

    query_builder 2022/12/01
  • 橋梁工事とはどんな工事?

    query_builder 2022/11/15
  • 橋梁建設で使われる足場の種類について

    query_builder 2022/11/01
  • 学歴不問の仕事には何がある?

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE