Blog&column
ブログ・コラム

ヤッケの洗い方のコツ

query_builder 2022/07/01
コラム
21
現場作業にとって、ヤッケは心強いアイテムですよね。
汚れ防止に着用したり、ちょっとした雨天時に使用したり、防寒着としても機能します。
今回は、ヤッケの洗い方のコツを解説しますので、毎日の洗濯の際の参考にされてくださいね。

▼ヤッケの洗い方のコツ
ヤッケは現場作業の際に着用する上着のことです。
ナイロン製・ポリエステル製のものが多く、ホコリや汚れがつきにくいという特性があります。
また、風を通しにくい材質で作られているので、防寒機能があるのもヤッケの特徴です。
そんなヤッケを洗濯機で洗う際のコツを見ていきましょう。

■ホコリや汚れを落とす
ヤッケが洗濯前の乾いている状態でブラシなどを使い、ホコリや汚れをある程度落としておきましょう。
すぐに水につけてしまうと汚れがヤッケに染み込んでしまう可能性があります。

■つけ置きする
汚れがひどい場合は、つけ置きが効果的です。
洗剤とぬるま湯を混ぜたものに、30分~1時間程度ヤッケをつけ込みます。

■ネットに入れる
つけ置きが済んだら、洗濯機で洗います。
そのままヤッケを洗濯機で洗ってしまうと生地が傷むので、洗濯用ネットに入れて洗いましょう。
また、シワを予防するため洗濯機の脱水モードは使用しないことがおすすめです。

■直射日光を避ける
ナイロンやポリエステル製のヤッケは直射日光に当たることで、色落ちなどの劣化が起きます。
ヤッケは、日の光が直接当たらない場所か、屋内に干すことで劣化を軽減して長く着ることができますよ。

▼まとめ
ヤッケの洗い方のコツを解説しました。
ホコリや汚れを落とす・つけ置きする・ネットに入れる・直射日光を避けるというコツがあります。
当社では高所で作業する鳶職人募集中です。
仕事着を清潔に着こなせるという方からの応募をお待ちしております。

NEW

  • 有限会社 小堀組の新入社員募集中です

    query_builder 2022/04/11
  • 橋梁工事の手順について

    query_builder 2022/12/01
  • 橋梁工事とはどんな工事?

    query_builder 2022/11/15
  • 橋梁建設で使われる足場の種類について

    query_builder 2022/11/01
  • 学歴不問の仕事には何がある?

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE