Blog&column
ブログ・コラム

橋梁工事の手順について

query_builder 2022/12/01
コラム
37
橋梁は普通の建物とは大きく異なる形状をしていますよね。
そのため、工事の手順にも通常の建設現場とは違う特徴があります。
今回は橋梁工事の手順を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼橋梁工事の手順
橋梁工事は、橋の土台を作る「下部工」と本体を作る「上部工」という2つの工程で構成されています。
それぞれの手順は以下のとおりです。

■下部工の手順
①基礎杭工
②土留め工
③掘削・支保工
④橋脚構築工・埋め戻し

橋梁工事の下部工では、主に橋の基礎づくりをします。
杭を打ち土を固定した後に、コンクリートを流して土台をつくります。

■上部工の手順
①橋桁架設工
②床版工・橋梁付属物工
③舗装工・設備工

上部工では下部工で整えた土台に橋桁を乗せる工事を行います。
全ての形が整ったら、その上に道路や線路など必要な設備を整えていきます。

▼鳶職が活躍している
上記でご紹介した橋梁工事の作業手順には全て「鳶職」が大きく関わっています。
鳶職は建物建設だけでなく、橋梁工事にも欠かせない存在です。
高所をスイスイと飛び回る姿から「現場の華」と呼ばれて尊敬されているんですよ。

橋梁工事は建物工事と同じかそれ以上に、日本の経済発展に欠かせない存在です。
社会貢献できる仕事をお探しの方は、ぜひ鳶職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▼まとめ
橋梁工事は、下部工で土台を作った後に上部工で橋桁を乗せるという手順で行います。
工事では全ての工程で鳶職が活躍しており、一流の鳶職の存在が橋の品質を高めていると言っても過言ではないんですよ。
日本のインフラ構築や経済発展に貢献したい方は、ぜひ鳶職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
有限会社小堀組でも鳶職や足場工事のスタッフを未経験から募集していますので、積極的にエントリーしてくださいね。

NEW

  • 有限会社 小堀組の新入社員募集中です

    query_builder 2022/04/11
  • 空調服の注意点について簡単に解説

    query_builder 2023/02/01
  • 空調服の使い方について簡単に紹介

    query_builder 2023/01/15
  • 空調服の効果とは

    query_builder 2023/01/01
  • 橋梁工事にはどんな種類があるの?

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE