Blog&column
ブログ・コラム

毎月の社会保険はいくら?

query_builder 2024/04/01
コラム
57
社会保険料が給料から自動で引き落とされていると、「毎月の保険料を把握していない」という方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、社会保険はいくらなのかについて見ていきましょう。

▼社会保険がいくらなのかを知る方法
社会保険がいくらなのかを知るには、複数の方法があります。

■会社に勤めている方の場合
会社員として勤務している方は、給与の明細もしくは源泉徴収票で、社会保険がいくらなのかを確認できます。
一般的に会社に勤めている方の社会保険の内訳は、以下の通りです。

・健康保険
・厚生年金
・介護保険
・雇用保険

介護保険に関しては、40歳以上の方が対象です。
給与の明細にそれぞれの項目が記載されていますので、これを見ればいくら払っているのかがわかります。
源泉徴収票には、1年間に支払った社会保険の合計額が記されており、払い過ぎた分は年末調整で戻される仕組みです。

■個人事業主の方の場合
個人事業主の方の社会保険は、以下の通りです。

・国民健康保険
・国民年金
・国民年金基金(任意)

国民年金基金は国民年金に上乗せされる社会保険で、任意による加入です。
国民健康保険は前年の所得に応じて、翌年の納付額が変わります。
したがって、いくらになるかはその年になってみないとはっきりしません。
国民年金は一定の金額が決まっていますが、法改正によって変更される場合があります。
いずれも、いくらになるかを知らせる通知が事前に来ますので、通知が来た時点で納める仕組みです。

▼まとめ
社会保険をいくら払っているのかわからないという方は、給与の明細や源泉徴収票を確認してみてはいかがでしょうか。
個人事業主の方は通知が来た時点で、はっきりといくらなのかがわかりますね。
大阪を中心に鳶工事を手掛ける弊社では各種社会保険を完備し、鳶職人募集しております。
どうぞお気軽にご応募ください。

NEW

  • 有限会社 小堀組の新入社員募集中です

    query_builder 2022/04/11
  • 社会保険完備の会社で働くメリットとは?

    query_builder 2024/05/03
  • 毎月の社会保険はいくら?

    query_builder 2024/04/01
  • 資格取得支援制度を備えた求人が見つかる業種は?

    query_builder 2024/03/02
  • 資格取得支援制度によるメリットとは?

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE